2014年 04月 05日 ( 1 )

堺市北区東浅香山町2-74-25
072-255-3966

おしらせ
毎週月曜日・第3火曜日です

今週の予約状況
6日(日)14時半~お取りできます。
8日(火)9時~お取りできます。
9日(水)予約がいっぱいになりました。
10日(木)9時~お取りできます。
11日(金)9時~お取りできます。
12日(土)9時~と16時半~お取りできます。

来週はまだまだ空いています。
お早めにご連絡くださーいww

4月のお休み
7日(月)
14日(月)お勉強会★
15日(火)
21日(月)
28日(月)

★予約は基本的に1時間にひとりだけ。 美容室は「人対人」の繋がりによって成り立つ、とてもアナログな仕事だ と思います。RaQ(ラク)は、おもてなしの心を大切に30代からの美容室として、OPENさせて頂き5年になりました。年齢を重ねるごとにやってくる変化や悩みも明るく解決していけたらなぁ~と思い日々取り組んでいます!







本日4月5日は、



私の母、未子様の命日で御座いました。

b0223849_21223711.jpg




この一年は早かった・・・



まだ実感がなく・・・・



どこかにいてる気がして・・・・(゚д゚)(。_。)





とても悔やんでいます。あの日のわたしの行動が・・・




今でも、自分が許せないんです。




我が母、未子は晩年編み物にこっていて、毎日毎日編んでました。




あの日も飽きもせずに、丸いちゃぶ台の前で、あみあみしてました。
そういえば、あの日は4月なのに夏かって言うぐらい暖かい日でした。





17時半ぐらいに、わたくしが家にかえり(当時早朝営業をしてたので、早めに帰路しました。
今思えばアレが虫の知らせと言うモノでした)



ラス男の散歩に出かけて、18時半に家に戻ると母は自分で布団を引いて寝てました。



「もう寝てんの?」




問いかけましたが返事がない・・・・





よく耳を澄まして聞いてみると、母はなにか小さな言葉を発してました・・・




それは、呪文のように聞こえました。





「オカン?オカン!」





母は普通の声に戻り、「大吾、寒いから布団かぶして」と言いました。





こんな暖かいのに?と思い、母に毛布をかけてあげました。




そして・・・




「背中が痛いからさすって」と・・・




以上に汗を書いている母の背中をさすりながら、母に「救急車よぼか?」





でも母は・・・「いらん。」



「そうか、とりあえず病院いこか?車を下までもってくるわ。ちょっと頑張ってまってて」





そして、駐車場から車を持ってきて家に上がると、




母は準備をして玄関まできてました。




準備を淡々とする母の姿を見て、わたしは「なんかオカン元気になってないか?」
すると母は・・・




「そうか?じゃーやめとこか。」と母が言う。







わたしは、このやりとりが一生後悔することになるとは知らず、車を駐車場に戻しました。




その15分後、母は危篤。




救急車で救急病院に搬送され、一度は蘇生するも・・・帰えらぬ人となりました。





心筋梗塞でした。




悲しくて、情けなくて、母が可哀想で
おいおい泣きました。





1年経って・・・・気持ちも落ち着き・・・ましたが・・・




お空の上で、母は今でも見守ってくれてると思うので




母に恥じないように強く生きていきます。





苦しんで逝った母。




最後の最後まで、母に教えられました。




心筋梗塞の怖さをしりました。




大切な、大好きな周りのひとたちに健康でいてほしいと
今日は切に想いが溢れてます。





お母さん、ごめんね。
そしてありがとう。




頑張って生きていきます。
[PR]
by ra9room | 2014-04-05 21:09