ラクノカラー

北花田/浅香/堺市 美容室ヘアーヴァル ラクの三井です。

b0223849_15441799.jpg

b0223849_15444392.jpg



天然ハーブは、インド北西部のラジャスタン地方などに自生する低木植物で、植物染毛剤や薬剤、防腐剤として昔から一般的に使用されてきました。 ハーブカラーは天然染料ですので、副作用が少なく、化学染料とは違い地肌や毛髪を痛めることがありません。

ハーブカラーには発色効果があり、肌や髪がオレンジ色に色づきます。ハーブかの成分は毛髪のケラチンにからみついてハリコシつやをだし、紫外線によるダメージなども防ぐ効果があります。
ハーブカラーは、白髪染めとトリートメントが同時にできる自然由来の安全なカラー剤です。

天然のハーブは通常のヘアカラー剤とは違い、ブリーチ剤は配合されていないので黒髪を明るくする効果はありません。ハーブはあくまでも白髪にオレンジ色を付けるものです。
インディゴ(木藍)という植物をヘナとあわせて使うと黒っぽく発色します。
オレンジ色を打ち消して、茶色や黒色に近づけたい方はインディゴを併用して染めていきます。


実は、「ハーブ」と書かれてある商品がすべて天然成分で安心、というわけではありません。
ナチュラルハーブは発色が安定しないため、化学成分が配合されているものが多くあります。

これはナチュラルハーブと区別して、ケミカルハーブといいます天然成分100%のハーブやヘナ、インディゴはすぐに発色はしません。
個人差はありますが、6時間経過後に少しずつ酸化発色します。
美容室でハーブカラーをしてすぐに茶色く染まる場合は確実にケミカルハーブに間違いないと思います。
RaQでは、高品質の天然成分100%ハーブを使用してる天然ハーブカラーとケミカルハーブ両方をご用意させていただいております。ご希望のハーブカラーをお申し付けください。


ご来店の際に、スタッフにお気軽に、ご相談ください。
[PR]
by ra9room | 2013-07-02 15:40