「ほっ」と。キャンペーン

映画

『黄色い星の子供たち』

とても、気になります。
b0223849_1541459.jpg

あらすじ: 1942年ナチス占領下のパリ、ユダヤ人は胸に黄色い星をつけるよう義務付けられ、公園や映画館、遊園地への立ち入りが禁じられていた。それでも11歳のジョー(ユゴ・ルヴェルデ)と家族、隣人たちは、ささやかな暮らしは続くと信じていた。同年7月16日、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まり、およそ1万3,000人もの人々がヴェル・ディヴ(冬季競輪場)へと送られる。

あらすじだけで、気になります。
[PR]
by ra9room | 2011-07-22 15:05