「ほっ」と。キャンペーン

ありがとうございます。8/21、フィナーレ

愛は永遠に生き続ける。

大阪演劇史上初、関西発信ロングランミュージカル「アイーダ」。
関西で生まれ、愛されたミュージカルが6年ぶりに大阪四季劇場に凱旋。
・・・8・21でフィナーレを迎えます。
まだ、ご覧になられてない方は是非、オススメします。
急いでくださいね。

【ストーリー】

時代はエジプト。
強大な軍事力を誇るエジプトは周辺の国々に侵攻し、領地を拡大させていた。
若き将軍ラダメスは、敵国ヌビアの捕虜を連行して凱旋する。
そのなかの、とりわけ頭がよく勇敢な女性アイーダをエジプト王女であり
自分の許婚でもあるアムネリスに召使として献上する。
実はアイーダは、身分を隠したヌビアの王女であった。
やがて、アイーダとアムネリスの間に、友情と信頼が生まれ、
同時にアイーダとラダメスは恋に落ちる・・・。

【感想】
アイーダの舞台では、いかにもエジプト的な装飾は一切排除され、
コンテンポラリアートともいえるシンプルで斬新な表現で彩られていました。
愛に生きる主人公たちに共鳴し、タイムスリップしたかのように極彩色に
満ちた壮麗な古代エジプトの世界にトリップされました。

個人的には感動したところは、砂煙の再現、音響のバランスと光の表現
舞台にいる俳優たちの演劇力はあたりまえですが、すべてが劇団四季。
舞台裏、表、関係なく四季総力とでもいいましょうか・・・・。
みんなの力で成り立つ舞台・・・なので迫力は半端ないですね。
あんなミュージカルはみたことないです・・・。
b0223849_1161823.jpg



ミュージカル・アイーダ
大阪四季劇場お問い合わせ・0120-489444
[PR]
by ra9room | 2011-07-21 11:06